FC2ブログ
こんにちは
さて今日は、こんな暑い時期になぜかアトレーにリアヒーターを後付けして欲しいと言うことで(笑)
取り付けすることになりましたが・・・
本来、アトレーはメーカー装着車以外はリアヒーターの設定が無い為あと付け出来ないのですが、よくよく車両を見てみるとリアヒータ装着車と同じ箇所に取り付けできる箇所があり取り付け位置もマーキングして有りました
これなら後付け出来ないはずは無いのでパーツを拾い出し揃えて取り付けに掛かることになりました
IMG_0014_convert_20110726141509.jpg
リアヒーター本体とヒーター配管・ホース・バンドその他諸々の部品です
部品点数的にはたいした数じゃないですね
部品代も55000円とそれほど高くないですし
IMG_0011_convert_20110726141534.jpg
リアシート下に取り付けるためリアシートとシート下メンバーを取り外してマットを捲ります。
IMG_0013_convert_20110726141601.jpg
リアヒーター本体は小さいものなので本体の取り付け自体はそんなに面倒ではありません
IMG_0015_convert_20110726141619.jpg
↓本体取り付け後は下の画像のような感じになります。
IMG_0016_convert_20110726141650.jpg
↑ヒターの温度調整は本体に付いているレバーで調整します。
IMG_0018_convert_20110726141739.jpg
下回りの配管やホースの取り回しですがもちろんマフラーは外さないといけません(笑)
IMG_0020_convert_20110726141800.jpg
マフラー外さないとヒーター配管が取り付けできないんですよね~
ちなみにリアヒーターが付いていない車両の場合上の写真ヒーターホースエンジン側はめくら蓋が
してあるのでそれを外し取り付けします。
IMG_0021_convert_20110726141820.jpg
↑↓ヒーターホースを交換・分岐し取り付けますが実際この辺りの取り付けが一番面倒です(笑)
クーラント抜いてあっても結構垂れてきますからね
IMG_0022_convert_20110726141840.jpg
↓リアヒータファンスイッチはこの位置に付きます。
ちなみにリアヒーターは風量の調整はありません。
IMG_0012_convert_20110726141713.jpg
以上の工程で作業終了です
あとはクーラントを補充しエンジンを掛けて取り付け箇所に漏れなどがないかチェックして完了
スポンサーサイト



WHAT'S NEW?